能登プロジェクトチームの活動

 平成30年11月19日(月)、能登プロジェクトチーム(以下「能登PT」という)の活動を行いました。
「GAP手法を通じた農場の見える化」をテーマに検討・協議を進めており、当日は、農事組合法人アグリスターオナガの濱田代表より、GAP認証に至った経緯や苦労した点、認証後の改善内容等について説明を受けました。
また、いしかわGAPのチェックシートを基にチェックシートの不明点やGAP認証について、石川県の担当者と意見交換を行いました。
  今後は、GAP認証を受けている農場視察や、GAP取得を目指す会員の参考になるよう、能登PTオリジナルのいしかわGAPQ&A集(事例集)を作成することとした。