例会を開催

平成31年1月15日(火)、アグリファンド石川 平成31年度第1回例会を開催し、各地区のプロジェクトチーム(加賀、金沢、能登)の活動報告を行いました。
  加賀プロジェクトチームは「親子間問題解決による生産性の向上」をテーマに活動しており、メンバーで意見交換する中で、親子間問題の1つとしてコミュニケーション不足があり、事業承継に取組むことで解決すると考え、事業承継士の伊東氏を講師に招き勉強会を実施しており、今後、参加メンバーごとに事業承継計画の作成を進めることを検討している旨の報告がありました。
  金沢プロジェクトチームは「生産管理システム」をテーマに活動しており、プロジェクトチームで作成している各生産管理システムソフトのシステムの違いや使用者の声をまとめた金沢プロジェクトチーム独自の比較表の説明を行い、今後、比較表の内容充実、システム導入による効果検証を検討している旨報告がありました。
  能登プロジェクトチームは「GAP手法を通じた農場の見える化」をテーマに活動しており、GAP指導員を講師とした勉強会や石川県GAP推進協議会が開催した現地研修会への参加等によりGAPに対する考え方を深め、GAPの手法を通じた経営改善およびGAPQ&A集(事例集)作成を計画している旨説明を行いました。